プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

USDJPYは4時間足レベルでダウ転換

      2016/03/14

こんにちは。

 

今日、USDJPYは4時間足レベルでダウ転換し、売りダウとなりました。

ただ、自分の統計では、4時間足レベルダウ転換直後は、もみ合いになることが多いです。

 

それを分かっていたにも関わらず、ダウ転換点でのロールリバーサルの動きがあったので、

売りでスキャルエントリーしてしまいました。

 

はい、損切りです。。

6pipsほど。

 

4時間足のダウの方向に、1時間足ダウが同調して来た場合は、

長い足に短い足が合って来たということなので、

順行するケースが多いかなあ?と思いますが、

やっぱり4時間足のダウが転換した直後は、もみ合うことが多いです。

 

もみ合って、戻りが入った後に、4時間足レベルで安値を更新したら、

付いて行くのがいいかもしれませんね。

個人的なルールに付け加えておこうかな。

 

ではまた。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 

 - ダウ理論