プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

エントリー戦略1

      2015/07/05

こんにちは。

 

エントリーの戦略について考えてみたいと思います。

 

相場には3つしかありません。

・上昇トレンド

・下降トレンド

・レンジ

 

レンジは、あるサポートとレジスタンスの中を行き来するもので、

基本的にはその範囲内で動き、それを完全にブレイクした場合に、

トレンドが発生します。

 

ではそのトレンドはどこまで継続するのでしょうか?

 

それは誰にも分かりません。

 

分からないので、自分なりにルールを決めてしまうのがいいと思います。

 

私であれば、

「トレンドは、執行時間軸の上の、上位時間軸のサポートとレジスタンス、

そして、weekly pivotの値まで継続する」

という仮定に乗っ取ってトレードしています。

 

仮にトレンド中の押し目や戻りを拾い、エントリーした場合、

ターゲットポイントは、上の前提に照らし合わせると、

当然、上位時間軸のサポートとレジスタンスや、weekly pivot、

そしてweekly pivotで算出されるサポートやレジスタンスということなります。

 

私が現在のところ、実際に使う時間足は、

(1)上位時間軸:30分足

執行時間軸:3分足

(2)上位時間軸:4時間足

執行時間軸:1時間足

です。

 

これはそれぞれのライフスタイルに合わせて、決めるのがいいと思います。

チャートを見る時間のある方、特定の時間だけはだいたい見れる方、

朝の出勤前にしか見れない方、いろいろだと思います。

 

また、個人の性格もあると思います。

小さい時間足で、チャートを見ていると細かい動きに翻弄されて、意味も無く損切りしたり、

チキン利食いしてしまったりとか。

逆に大きい時間足で、損切り幅が大きくなってしまうことに耐えられない・・とか、

いろいろあると思います。

 

それぞれに合わせて時間軸は決めて下さい。

 

私が決めた

「トレンドは、執行時間軸の上の、上位時間軸のサポートとレジスタンス、

そして、weekly pivotの値まで継続する」というルールは、

上位時間軸のサポートやレジスタンス、weekly pivotの値では、

反発する可能性が高い、ということの裏返しでもあります。

 

つまり、下位時間軸のトレンドよりも、

上位時間軸のサポートやレジスタンス、weekly pivotの方が、

力が強いという前提の上に成り立っています。

 

それは、欧米機関投資家、ビッグボーイズの鉄則、

「サポートで買い、レジスタンスで売る」から来ています。

 

今後、実際にどのようにエントリーしていくか、

ということについて考えてみたいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略