プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

長期ダウの方向に合わせてスキャルピング:2015/4/6

   

こんにちは。

AUDUSDのスキャルピングをしたので、シェアしたいと思います。

 

先週の雇用統計で、4時間足レベルでは買いダウへ転換しました。

150406scalAUDUSDH4

日足ではまだまだ売りダウなので、4時間足レベルでの買いダウ転換後、

weekly pivot S1がレジスタンスとなり、大きく下落し、もみあっています。

 

1時間足も見てみましょう。

150406scalAUDUSDH1

 

とはいえ、4時間足、1時間足レベルでは共に買いダウ、

そして、1時間足では、下ヒゲを出し、陰線から陽線に変わってきました。

 

1分足です。

150406scalAUDUSDM1

1分足レベルでの、売りダウから買いダウへの転換点となるSwing highをブレイクしました。

しかもヒゲではなく、実体でブレイクです。

 

次のローソクが陰線となりましたが、さらに次のローソクで、

Swing highをブレイクした陽線=2本前の陽線の高値を更新したので、

買いエントリーしました。

 

ストップロスの基準となる手頃なswing lowが無かったので、

エントリーしたローソクの3本前の安値の少し下にストップを設定、

ターゲットはリスクリワード1:1のところに設定です。

 

その後順行したので、Swing highをブレイクした陽線の安値の少し下まで

ストップを上げていきました。

 

ターゲット直前で下落し、ストップ直前まで逆行しましたが、

その後持ち直し、ターゲット到達となりました。

 

日足とは逆行していたので、どうかなとも思ったのですが、

ストップもターゲットも値幅があまりなかったので、良いだろうという

判断でエントリーしてみました。

 

これからも、プライスアクション、ローソク足、ダウ理論に則り、粛々とトレードするだけです。

そうすればトータルでは必ず勝てるとわかっていますから。

 

インジケーターではなく、自分の頭を使って、トータルで勝てるプライスアクショントレード。

一緒に学んでいきましょう。
>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - ダウ理論, トレード日誌