プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

長期足のダウに1分足ダウがするのを同調を待って、スキャルピング:2015/4/2

   

こんにちは。

今日はAUDUSDのスキャルピングをしたので、シェアしたいと思います。

 

いつも通りですが、

・4時間足と、1時間足のダウが同調している

・逆行していた1分足ダウが、長期足のダウへ同調するポイントのブレイクを待つ

・その1分足ダウの転換ポイントのブレイクは見送り、戻って来て、

 ロールリバーサルを確認した後に、エントリー

 

1分足のエリオット波動3波狙いということです。

 

ではチャートです。

4時間足です。

決済後のチャートです。すみません。売りダウですね。

150402scalAUDUSDH4

 

次に1時間足です。

150402scalAUDUSDH1

こちらも決済後のチャートで、すみません。

売りダウです。

4時間足、日足レベルでは、0.7560あたりが、サポート、

1時間足レベルでは、0.7567あたりが、サポートでした。

 

では1分足です。

150402scalAUDUSDM1

ダウ転換ポイントをブレイクしたので、ブレイクはスルーして、

戻りを待ちました。

 

が、ほぼ戻りはありません。。

仕方ないので、ダウ転換ポイントのブレイク後の安値をさらにブレイクしたところで、

売りエントリーです。

 

無事ターゲット到達です。

 

ダウ転換ポイントのブレイクで入った方が、

結果的にはいいプライスで、ポジションを持つ事が出来ることも多いのですが・・

まあルールなので、仕方ないです。

仕方ないばっかりですね(笑)

実際、「あーあ」って言いながらエントリーしましたから(笑)

 

 

自分の信じるプライスアクション、ローソク足、ダウ理論で粛々とトレードするだけです。

数をこなせばこなすほど、確率の法則で、トータルで勝てるようになります。

 

一緒にプライスアクションを学んで、ゆっくりでも勝てるようになりませんか?

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - ダウ理論, トレード日誌